どんな点を確認すべき?倉庫を契約する時のチェックポイント

どんな点を確認すべき?倉庫を契約する時のチェックポイント

契約内容と利用に当たって定められている条件

会社の商品の預け入れやプライベートで頻繁に使わない道具の一時保管など、様々な理由で貸し倉庫を利用する人が増えています。需要の増加に伴って貸し倉庫のサービスを専門とする業者の数は増えていますが、選ぶ場所によって契約内容や利用条件が異なるのが特徴です。会社によっては預けられる荷物や使い方に制限が設けられているケースも少なくありません。決められたルールに従わない使い方をしてしまうと、契約違反で強制退去をさせられたり、違約金を請求されてしまうこともあるので注意が必要です。契約を交わす時は隅々まで確認をして、気になる点についてはその場で質問をして解決しておくことが重要になります。

設備と費用の見極めをする

一口に貸し倉庫と言っても、場所によって備え付けられている設備が細かく違います。屋外にコンテナを設置するタイプの貸し倉庫は、自由なタイミングで利用できる手軽さが魅力です。その反面、敷地が広く防犯カメラに死角ができやすいため、自己管理が重要となります。建物の中にある部屋を利用する屋内タイプは、出入りの管理など防犯性に優れているだけでなく、エアコンなどの設備が充実しているのが魅力です。しかし、設備が充実している分、屋外タイプに比べて費用が高くなってしまうのは否めません。利用をする時はこの点を見極めることがポイントです。

アクセスのしやすさを考慮する

交通のアクセスも大事なポイントの一つです。預けた荷物が使う頻度が限られている場合には問題ありませんが、仕事などで使う荷物の預け入れとして使用する時は不便な場所にあると苦労します。料金の安さを重視して郊外で借りるのであれば、利便性も考慮しなくてはいけません。

インターネットショッピングの普及などに伴い、現在物流は非常に増えています。また、お中元やお歳暮など贈答が増える時期も増加します。