通販サイトは倉庫を持つ物流会社と契約していることが多い

通販サイトは倉庫を持つ物流会社と契約していることが多い

通販サイトを運営するなら物流会社と契約したい

通販サイトを運営する時、多くの場合、倉庫を持っている物流会社と契約することになります。物流自体も自社で行うことは可能ですが、物流とひと言で言っても入庫作業、在庫管理、出荷作業と作業内容は多岐に渡っており、非常に手間の掛かるものになるからです。もちろん扱う商品の数と、大きさによって判断は分かれますが、規模が大きい場合と大きくしていきたい場合は初めから物流会社と契約する方が良いかもしれません。物流会社はその商品を置くスペースによって面積や高さで月額料金を設定します。都内など、物流会社の立地によっては基本料が高くなる場合もあるので、売る商品と配送の都合によってどういった物流会社を選ぶか決めると良いでしょう。

物流会社との取り決め

通販サイトで商品が売れた場合、そのデータを物流会社に送って発送作業をしてもらいます。多くの場合、一件に付きいくらという料金形態での契約となり、当日発送などのサービスを行いたい場合は交渉して、何時までの注文で何件までなら当日発送に応じられる、などの取り決めを行います。商品は物流会社の倉庫から直接、購入者へ出荷されるので、梱包の仕方や案内状の同梱など、オプションなどは全て物流会社とやり取りを行い、決めて行きます。つまりそういった大きな作業をまるごと引き受けてくれるのが物流会社で、大きな倉庫を持っている物流会社は同じ様な通販サイトといくつも契約していて、在庫管理や発送作業などによる手数料で売上を出しているのです。

通販物流とは、検品や梱包、発送など物流に関する業務のことです。通販サイトやネットショップの運営をするなら、物流業務を委託し作業を簡易化することが可能です。