雪で倉庫が倒壊したら?対処方法を簡単に解説

雪で倉庫が倒壊したら?対処方法を簡単に解説

大雪による倉庫の倒壊事故は多い

倉庫の屋根に雪が大量に積もり、その重量で倒壊してしまうという事故は珍しくありません。また、側面に積もった雪に倉庫が圧迫され、壁から崩落するというケースも多いです。倉庫だけでなく中の収納物、最悪の場合は人命にも危険が及ぶ大事故につながる可能性があり、降雪の多い地域では倉庫の安全性にも気を配る必要があります。

雪で倉庫が倒壊したら火災保険の確認を

火災保険は火を原因とした事故だけでなく、落雷や風災と言った他の自然災害にも対応している保険商品も多いです。その場合、大雪や雪崩による物損事故にも適応される可能性が高いので、まずは保険内容を確認して保険会社に連絡を入れましょう。保険の内容によっては、倉庫の回収料金が無料になったり、保険料の支払いによって新しく倉庫を建て替えられる可能性があるためです。保険会社に連絡を入れず業者に連絡してしまうと、保険の適用に気づかないまま回収料金を払う羽目になったりなど、思わぬ大損を被ってしまう恐れがあります。倉庫の倒壊に限らず、事故が発生したら必ず加入している保険を確認してください。

大雪の事故を防ぐために!積雪に強い倉庫は?

降雪が多いエリアでは、雪が積もりにくい勾配のきつい屋根を選ぶと安全です。また、大きな角度の切妻屋根になっている、積もった雪が自動的に滑落するよう設計されたテント型も有効です。資金に余裕があれば、屋根の材質は金属製の頑丈な種類を選び、積雪に耐性のある特殊構造を選ぶことでより安全性が高まります。逆に、雪が落ちにくい平面型の屋根は雪かきもし難いので非推奨です。エリアの気候に合わせた倉庫を建てて、「倒壊」という身近な危険を除去しましょう。

企業における物流業務を丸ごと第三者に委託する3PLの普及が進んだのは、2000年代に突入した頃からです。導入のメリットとしては、品質向上や業務効率化やコスト削減などがあります。